注文住宅

システムホームの注文住宅
【PEM工法】長く安全で安心して生活していただくために
地震や台風に強い構造を実現。構造用集成材、金物接合。

地震や台風に強い構造を実現

システムホームでは、剛性を高めた柱と壁と床を一体化させたPEM工法を採用しています。高強度の構造用面材によって土台、柱、梁、壁、床等を強固に固定し、家全体をひとつの箱状に一体化。そうすることで、柱・梁の接合部に集中しがちな地震や台風などの外力を建物全体に分散させ、外部からの衝撃を速やかに逃がします。

主要な結合部は結合金物で強固に緊結

主要な結合部は結合金物で強固に緊結主要な結合部は結合金物で強固に緊結

地震で倒壊する建物の主な原因は、接合部の強度不足や木材の劣化です。システムホームでは高強度接合金物を採用し、柱・梁などの主要な構造材にはJAS認定のエンジニアリングウッド(集成材)を使用することで、耐震性、耐風性をさらに高めています。

住宅の床面は、人や家具などの荷重を支えるだけでなく、地震などの外力に効果的に抵抗するために大きな役割を果たします。壁だけが強くても床面などが弱ければ、建物は外力によるねじれに効果的に抵抗できず、変形しやすくなります。逆に、床面が強く、その床面と壁面の接合が強固であれば、建物がねじれにくくなるだけでなく、地震などによる水平荷重を建物全体に効果的に分散させることが可能になります。床が、壁・屋根と一体となった「PEM工法」を採用することで、住まい全体で外力に抵抗することができる家を造ります。


【制震ダンパーMIRAIE】住友ゴム工業の高減衰ゴムダンパー採用
市販向け制振装置唯一※住宅の基礎緊結タイプ・「揺れ」を吸収

制震ダンパーMIRAIE

CC住友ゴム工業株式会社独自の制震技術「高減衰ゴム」を使ったMIRAIEは建物の揺れ幅を最大95%低減し、住まいを守ります。
こちらの高減衰ゴムダンパーは、地震で被災した熊本城天守閣の復旧整備工事や京都・東本願寺の御影堂、御影堂門、大谷祖廟などにも採用され、その確かな実績が認められています。
※住友ゴム工業株式会社調べ


【遮熱・高断熱】ペアガラス
遮熱・断熱

遮熱

室外側ガラスにコーティングした特殊金属膜で、日差しを約60%カットし、冷房効果を高め、紫外線も約80%カットするため日焼けも抑制。

断熱

室外側ガラスにコーティングした特殊金属膜で、一般ペアガラスの約1.5倍の断熱効果を発揮。冬の寒さが厳しい時でも、断熱効果を高めます。

ペアガラス


空気層16mm高性能ペアガラス

ペアガラス外側のガラスと内側のガラスとの空気層を従来の12mmから16mmまで拡大。
さらに、断熱性能を向上させました。




住まいのスケジュール
建物の大きさや天候によりますが、着工してから建物完成まで約4ヶ月
01

土地探し

土地探しどんな地域、建物に住みたいか大まかなイメージをお伝えください。それを実現できる土地探しをお手伝い致します。

02

土地購入

土地購入住みたい地域や、広さと予算を比較しながら相談しましょう。
土地選びのプロの目線でアドバイス致します。
03

地盤調査

地盤調査

家を建てるに当たって十分な強度のある地盤かどうか、地耐力を測り調べる作業です。欠陥が起こらないよう安全に建てることができるか調査します。
04

建築請負契約

建築請負契約間取りや設備のプランニングがおおよそ固まり、資金計画の目途も立ったら、建築施工の契約を行います。
05

プラン打ち合わせ

プラン打ち合わせヒアリングした内容から、間取りプランをご提案します。
プランを見ながら打合せを重ね、より理想的な生活ができるプランへ仕上げていきます。
06

仕様打合せ

仕様打合せ家に使う設備、素材、色などについて打ち合わせていきます。
07

着工

着工いよいよ家づくりのスタートです。基礎工事を行っていきます。
08

上棟

上棟柱、梁などを組み立てた上に棟木を上げます。
09

建物完成・お引渡し

建物完成完成、お引渡しです。いよいよ新生活のスタートです。


標準仕様・工法
標準仕様・工法



システムホームの強み